【TOPページへ】
このサイトではノーザンダンサー、ナスルーラ、ハイペリオン、ネイティブダンサー、リボーなどの名競走馬であり名種牡馬達の物語を紹介します。
お気に入りリンク
一口馬主クラブ「キャロットクラブ」を中心とした『POG(ペーパー・オーナーズ・ゲーム)&一口馬主(競走用馬ファンド)』の情報サイト このサイトは競馬・一口馬主・POGに関連する様々な情報を紹介します。一口馬主クラブのキャロットクラブの2005年募集馬の活躍情報や、2006年募集馬情報も満載です。

●フェデリコ・テシオ(Federico Tesio)

(1869年1月17日 - 1954年5月1日)
テシオはイタリアの馬産家であり、かつ馬主で、調教師でした。
当時、競馬が始まったばかりのイタリアで、しかも年間10数頭程度の生産馬からリボー、ネアルコ等の世界的名馬を輩出した調教師こそテシオその人です。
人は彼を「ドルメロの魔術師」と呼びました。

 彼の生涯は波乱に満ちています。幼少の頃に両親を亡くし、モンカリエリで13年間学んだ後、騎兵隊に入隊。最終的には少尉として軍役を終えています。
その後両親の遺産を受け継いだテシオは、ギャンブルにおぼれたり、絵を描いたり、アマチュア騎手をしたりと放蕩三昧の生活を送っていました。

しかし、テシオの人生に転機が訪れました。
リディア・ディ・セラマッツアナとの結婚です。テシオは29歳になって、1898年ミラノ北部マジョレ湖の近くにドルメロ牧場という小さな牧場を開くことになります。
 テシオの調教師人生のスタートでした。
テシオは、その後自信の血統理論に基づいて、数々の名馬を生産しヨーロッパの競馬界で一時代を築きます。

テシオは、イタリア競馬界ではほぼ無敵の存在でしたが、唯一のライバルがデル・モンテルでした。
デル・モンテルは豊富な資金力を背景に、各国から良血馬を次々に導入し、獲得賞金ベースではテシオを上回っていました。
そして、1929年にテシオに先んじてオルテッロで凱旋門賞を制覇してしまうのでした。
これに触発されたテシオは、インチサ・ロケッタ氏のオルジアタ牧場と提携し、自身の牧場規模を拡大しました。そして、その後生産されたのがドナテッロやネアルコ達です。

テシオは画家でもあり、自身の生産馬の絵画を何点か残しています。生産馬には画家を初めとした美術家の名前を付けることが多く、初期にはミケランジェロ等の巨匠の名を付けましたが、晩年には、さすがにネタが尽きたのか名馬リボーの名はかなり無名の画家だったようです。

テシオの血統理論はかなり複雑で、著書「サラブレッドの生産」にまとめられています。
他の大馬産家とは違って、自身が生産した名馬はあまり自分では使わず、常に新しい血を求めていました。このことが長期にわたって成功を収めることができた所以であるという意見もあります。
一方、例外的にカヴァリエレダルピーノからリボーまで一貫して生産した馬もいます。リボーは、父も母もテシオの生産です。

そして生前から自身の最高傑作はカヴァリエレダルピーノと周囲に語っていました。
ステイヤー全盛の時代でしたので、ネアルコは真のステイヤーではないということで、テシオ自身の評価は低く、またリボーに至っては、競走生活を見ることなく1954年にこの世を去ってしまいました。

その後皮肉にも、このリボーが、テシオの悲願だった凱旋門賞を連覇で制覇することになりました。もし、テシオが存命であれば、自身の最高傑作は変わっていたかも知れません。

テシオの死後もドルメロ牧場は継続され、マルゲリートヴェルノー、ホガース等の名馬を輩出しましたが、1985年のティスランを最後の名馬として1992年に閉鎖されました。

テシオの主な生産馬を以下に紹介します。
●リボー(Ribot、1952) 16戦16勝、凱旋門賞連覇、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス、ミラノ大賞典、ジョッキークラブ大賞、クリテリウムナツィオナーレ、伊グランクリテリウム、英リーディングサイアー3回

●ネアルコ(Nearco、1935) 14戦14勝、パリ大賞典、ダービーイタリアーノ、イタリア大賞、ミラノ大賞典、クリテリウムナツィオナーレ、伊グランクリテリウム、キウスラ賞、パリオリ賞(伊2000ギニーに相当)、英リーディングサイアー3回

●ドナテッロ(Donatello、1934 ) 9戦8勝、ダービーイタリアーノ、ミラノ大賞、イタリア大賞、クリテリウムナツィオナーレ、伊グランクリテリウム

●ボッティチェッリ(Botticelli、1951) 18戦14勝、アスコットゴールドカップ、イタリアクラシック三冠、イタリア大賞、ミラノ大賞典、クリテリウムナツィオナーレ

●テネラニ(Tenerani、1944) 24戦17勝、ダービーイタリアーノ、クイーンエリザベスステークス(現キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス)、グッドウッドカップ、イタリア大賞、ミラノ大賞典、セントレジャーイタリアーノ、伊ジョッキークラブ大賞、リボーの父

●ベッリー二(Bellini、1937) 23戦15勝、ダービーイタリアーノ、ファッショ賞(セントレジャーイタリアーノ)、ジョッキークラブ大賞、テネラニの父

●カヴァリエレダルピーノ(Cavaliere d'Arpino、1926) 5戦5勝、ミラノ大賞典、イタリアリーディングサイアー、ベッリー二の父

●ロマネッラ(Romanella、1943) 7戦5勝、クリテリウムナツィオナーレ、リボーの母

●ノガラ(Nogara、1928) 18戦14勝、エレナ王妃賞(伊1000ギニーに相当)、パリオリ賞、クリテリウムナツィオナーレ、ネアルコの母

●ブラック(Braque、1954) 12戦全勝、ダービーイタリアーノ、イタリア大賞、ミラノ大賞典、セントレジャーイタリアーノ

●スコパス(Scopas、1919) 6勝、バーデン大賞、伊ジョッキークラブ大賞

●アペル(Apelle、1923) 23戦14勝、ミラノ大賞典、コロネーションカップ、フランスリーディングサイアー

●ニッコロデラルカ(Niccolo dell'Arca、1938) 15戦12勝、イタリアクラシック三冠、イタリア大賞、ミラノ大賞典、伊グランクリテリウム

●トレヴィサーナ(Trevisana、1945) 22戦17勝、イタリア大賞、セントレジャーイタリアーノ、クリテリウムナツィオナーレ、伊グランクリテリウム

●アストルフィーナ(Astolfina、1945) 19戦14勝、エレナ王妃賞、パリオリ賞、伊オークス、ジョッキークラブ大賞、ミラノ大賞典

●ドーミエ(Daumier、1948) 15戦13勝、ダービーイタリアーノ、セントレジャーイタリアーノ、ジョッキークラブ大賞、クリテリウムナ
ツィオナーレ、伊グランクリテリウム

これ以外にもイタリアクラシックホースを数十頭輩出しました。イタリアクラシック三冠馬は過去3頭しかいませんが、そのうち2頭がテシオの生産馬です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22095637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。