【TOPページへ】
このサイトではノーザンダンサー、ナスルーラ、ハイペリオン、ネイティブダンサー、リボーなどの名競走馬であり名種牡馬達の物語を紹介します。
お気に入りリンク
一口馬主クラブ「キャロットクラブ」を中心とした『POG(ペーパー・オーナーズ・ゲーム)&一口馬主(競走用馬ファンド)』の情報サイト このサイトは競馬・一口馬主・POGに関連する様々な情報を紹介します。一口馬主クラブのキャロットクラブの2005年募集馬の活躍情報や、2006年募集馬情報も満載です。

●デインヒル

デインヒル(Danehill)はアメリカ産の競走馬です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【デインヒルの生涯】
現役時代は伊仏愛で9戦4勝の成績を収めました。G1は1989年のスプリントカップの1勝のみで、クラシックは2000ギニーでナシュワンの3着、アイリッシュ2000ギニーでシャーディーの4着となっています。

引退後はアイルランドの大牧場のクールモアスタッドで種牡馬となったデインヒルは、この当時は極めて珍しいシャトル種牡馬として、北半球がオフシーズンの間は、オーストラリアで種付けを行ないました。そしてオーストラリアで豪2歳チャンピオンとなるフライングスパーを輩出し、その後本国アイルランドでアイリッシュダービー優勝馬デザートキングを輩出したことで、一躍脚光を浴びることになります。

デインヒルの成功が、オフシーズンにオーストラリアやニュージーランドで種牡馬として種付けを行なう「シャトル種牡馬」の始まりとなったと言っても過言ではありません。
そしてついに2005年には長らく君臨し続けていたサドラーズウェルズを破りイギリスリーディングサイアーを獲得しました。

日本では1996年に1年だけリース種牡馬として種牡馬生活を送りました。
ここでも少ない産駒から神戸新聞杯を制したフサイチソニック、ブレイクタイム(京成杯オータムハンデキャップ2回、安田記念2着)を輩出しています。また外国産馬として秋華賞、エリザベス女王杯に優勝したファインモーションの父としても有名になりました。
しかし、さらなる飛躍が期待される中で、2003年に放牧中に転倒し、そのままこの世を去ることになったのです。

自分自身は、芝1200mのG1しか勝っていませんが、産駒はウェスタナーが芝4000mのGIを制する(カドラン賞2回、アスコットゴールドカップ)など幅広い路線で活躍しました。

【種牡馬成績】
イギリスリーディングサイアー - 1回(2005年) 
オーストラリアリーディングサイアー - 8回(1994/95年-1996/97年、1999/00年-2003/04年) 
フランスリーディングサイアー - 2回(2001,02年)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【産駒実績】
◆デザートキング(Desert King 1997年アイリッシュダービー、アイリッシュ2000ギニー)
◆フェアリーキングプローン(Fairy King Prawn 2000年安田記念、1999年香港スプリント)
◆モーツァルト(Mozart 2001年ジュライカップ、ナンソープステークス)
◆バンクスヒル(Banks Hill 2001年ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ、2002年ジャック・ル・マロワ賞)
◆ロックオブジブラルタル (Rock of Gibraltar 2002年イギリス2000ギニー、サセックスステークスなどGI7勝)
◆ファインモーション(2002年エリザベス女王杯、秋華賞)
◆ノースライト(North Light 2004年エプソムダービー)
など多数
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統】
デインヒル.JPG
posted by 楽天馬2 at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競走馬達の物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。